伝統として受け継がれてきた高品質な今治タオル

今治タオルとは、愛媛県の今治市を中心に作られてきたタオルのことを言います。


ただ単に、今治市で作られたタオルを指すのではなく、品質の高さや使い心地の良さ等の条件を満たしていないと、今治タオルの認定を受けることは出来ません。



一時は海外製の安価なタオルが台頭していましたが、品質の高さが紹介され、国内外でも人気が高くなってきました。近年では、今治タオルの良さを広めるために、資格試験制度が設けられています。

顧客がタオルを選ぶために役立てられるように、必要な知識を身につけられます。
今治タオルの認定基準としては、タオル生地を水中に入れて5分以内に沈むかどうかを見る「5秒ルール」等の基準があります。

Yahoo!知恵袋関連の情報をたくさん掲載しています。

吸水性の高さを判断する試験で、非常に厳しい基準です。
他にもタオルの脱毛率やパイルの保持を見るテストや、染色の持ちを確認するテスト、丈夫さやホルムアルデヒドなどの有害物質を含んでいないかの確認など、様々な認定基準が設けられています。品質の良さを証明する印ともなり、全ての基準を満たして認定を受けると、ブランドロゴマークを付けることが出来ます。



数々の厳しい基準を通った今治タオルは、消費者側から一定の信頼があると認められています。

出産祝いの内祝いや、病気見舞いのお返しにも利用されたり、弔事では香典返しに使われることも多いです。品質の高さから、多くの利用者に認められ、タオルとしてだけでなく、肌当たりの良いベビー用品やタオルケット等の直接肌に触れる寝具類の生地としても使われています。